更年期障害に負けない

不調を感じたら受診を

banner 更年期障害とは主に、年齢によるホルモンバランスの乱れ、そしてそれが原因として起こる体調不良や自律神経失調症の1つとして位置づけられています。
これはホルモンの1つであるエストロゲンの分泌量が極端に減少することで起こるものであり、これが乱れることで身体に倦怠感を覚えたり、めまいや吐き気、大量の汗や冷え性といった症状に悩まされることになるのです。
更年期障害の原因は上記のようなものとなっていますが、実はこれだけではないことが分かっています。
例えば子供が独立して夫婦2人暮らしになったとき、長年勤めていた職を退職してしまったとき、親の介護をしなくてはならなくなったとき、などにも同様の症状が見られており、さらに近年では更年期障害は加齢によるものではなく、若い世代の20代30代にも起こり得る病気であることが明らかとなっているのです。

更年期障害の症状には個人差があり、もちろん全く自覚症状として現れない場合もあります。
しかし重症になってしまうと実生活を満足に行えないほど体調に異変を感じ、その症状に悩まされることになります。
そのため、少しでも身体に不調を感じたら早めに医療機関に受診して治療を進めることが適切とされています。

なかなか医療機関に行くことが出来ない人もいるでしょう。しかし、症状が悪化したりすると将来的にもっと大変なのです。半日もあれば受診することも可能ですので、ご自身の体を大事にすることも仕事のうちですので時間を捻出しましょう。

Copyright(c) 更年期障害の主な原因とは All Rights Reserved.